機能

Desk Top Harmony 機能

  • 課題の新規入力が可能 ※Desk Top Harmony CE・Desk Top Harmony LEのみ
  • 普段学習者が使用している教科書・書籍からDesk Top Harmony CEに課題を入力して学習することができます。
    これにより、自分の苦手とする課題を多く取り組むことができます。
    また、個人で作成した課題を他のDesk Top Harmony CEユーザーに配布することもできます。
    ※個人で作成した課題以外の楽曲を権利者に無断で配布、またはインターネット上などで公開することは禁止されています。

  • 音符の入力がよりスムーズに
  • 音符の長さや声部を自動選択する HNS(Harmonic Note Select)機能搭載。
  • 和音エクスプローラー
  • 実施している課題で使用できる和音をエクスプローラー形式で表示。
    それぞれをクリックすることによりその和音の構成音が音符で表示されます。
    その時それぞれの音符がその和音の第何音なのかを色別に表示します。
  • 和音選択アシスタント CSA(Chord Select Assistant)機能
  • バス課題・ソプラノ課題に応じた和音を絞り込んだり、その前からの和音進行を考慮して選択可能な和音を提示します。
  • 課題を随時添削するRTC(Real Time Correct)機能
  • 学習者が実施した課題から和声的な誤りを発見してそれを文章・音符の色の変化で表示します。
    DTH1では課題全てを入力し終えたときに初めて添削可能でしたが、DTH2・CEでは解答中に随時添削を行うため、完成度の高い解答を導きやすくなりました。
  • 和音識別機能
  • DTH1では最初に和音を設定する必要がありましたが、今回は和音を設定しなくても楽譜上におかれた音符からDTH2・CEが和音を識別します。
  • 課題エクスプローラー
  • 出題された課題ファイルに対して解答したファイルが自動的に関連付けられます。
    それぞれの課題を実施したかどうかが一目で判別できます。
  • 多彩な演奏機能
  • スペースキーを押すことでいつでも実施した課題を音で確認できます。
    楽器の選択も可能になり、ソロ機能を利用して各声部自由に組み合わせて演奏ができます。


※一部機能はDTH2とCEで異なる表示になります。
詳細はプログラムに付属のヘルプをご覧ください。


①ワークスペース

[詳細を表示する]

②ノートインジケーター

[詳細を表示する]

③コードボックス

[詳細を表示する]

④添削ウィンドウ

[詳細を表示する]

⑤コードウィンドウ

[詳細を表示する]

⑥コードエクスプローラー

[詳細を表示する]

⑦コントロールウィンドウ

[詳細を表示する]

⑧課題エクスプローラー

[詳細を表示する]


【Desk Top Harmony 2の無料ダウンロードはこちら
   Desk Top Harmony 2は旧Desk Top Harmonyのライセンスキーでそのままご利用になれます。

【Desk Top Harmony CEの無料ダウンロードはこちら
ページTOPへ
Copyright (C)  Sound Caraway Inc. All Rights Reserved.